ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは?

乳首の黒ずみ

 

ハイドロキノンとは、今存在する美白成分の中で最高レベルといっても過言ではありません。
もともと医療現場でヤケド跡を消すためなどに使用されていた(今現在も治療に使われています)成分です。
できてしまったシミなど、メラニン色素の沈着に的確に働きかけて、美白効果を発揮します。その効果は化学的に証明されています。

 

ハイドロキノンはその美白効果の高さから、『肌の漂白剤』という異名ももっています。
少量でも非常に美白効果が高いため、日本では濃度が規定されています。最近はハイドロキノン配合化粧品も出ていますが、化粧品に含まれるハイドロキノン量にも規定があり、医薬品以下に定められています。

 

効果を具体的に解説すると、ハイドロキノンはメラニンを除去する働きと共に、メラニンの元になるメラノサイト自体を減らす働きがあります。
このダブルの働きによって、黒ずみや肌の黒化を取り除きながら対策できる驚きの成分なんです!

 

乳首の黒ずみにハイドロキノンは使える?

ハイドロキノンとは?

よくある美白成分とは違い、ハイドロキノンは色素沈着が起きたあとにも効果的です。
ですから、乳首の黒ずみにも効き目はあります。

 

ただし・・・。
効果が高い反面、副作用や刺激が強いといったデメリットもあるのでご注意を!!
乳首の黒ずみを取り除いて美白にするつもりが、ハイドロキノンの影響で肌荒れが起きたり、乾燥してしまうことがあります。
とくにデリケートゾーンは敏感なので刺激を強く感じ、場合によっては痛みの症状が出ることも…。

 

また、美白するつもりがかえって、白斑など目立つ肌トラブルを招くリスクもあります。もし白い斑点ができてしまうと、そこはもう色素が抜けているため、元に戻すのは難しいそうです。
それから、メラニンはそもそも紫外線などの刺激から肌を守る役割があるため、そのメラニンを攻撃することで肌のバリア機能が低下するリスクもあります。

 

このように、ハイドロキノンには高い美白効果の反面、予想だにしないリスクもあるので慎重に使わなければなりません。。
どうしてもハイドロキノンを使いたいという方は、皮膚科・美容皮膚科などを受診し、診察を受けて医師の判断のもとで利用するようにしましょう。

 

また、リスクのある成分を使う前に、美白クリームを試してみませんか?
なにもハイドロキノンを使わなくても、乳首の黒ずみをキレイすることはできます。
市販の専用クリームは、ほとんどハイドロキノンは使われていません。
安全に使える専用クリームなら、リスクの心配もありませんから、ぜひ試してみてください。